神奈川県相模原市の中古自転車店「再来(さいくる)」ホームページ

2006年07月25日

自転車泥棒ホームページ発信

8月29日の試写会から、約1ヶ月、「日本の自転車泥棒」の正式ホームページが立ち上がった。

http://www.jitensyadorobou.jp/


トップの写真、いいですね。

「新着情報」(ブログ形式)
「イントロダクション」
「ストーリー」
「プロダクションノート」
「キャスト&スタッフ」
「予告編」(まだ)
「フォトギャラリー」
「劇場情報」

私としては、スタッフの一人として、小出しにしていた情報も、このHPで、思いっきり出してくれています。

もちろん、映画の内容は、たとえようの無いくらいすばらしいです。

 

ついに本格始動です。

posted by fiets at 12:05| Comment(5) | TrackBack(1) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

「日本の自転車泥棒」の先行試写会始まる

再来が自転車提供の協力をしていた、映画「日本の自転車泥棒」が、いよいよ完成に近づいた。

29日(木)13:30より、渋谷のシネマ・アンジェリカにおいて、関係者先行試写会を見に行ってきた。

DLPでの上映だったので、本番の映像・音響の迫力は、もっと良いものであると思いますが、それであるにもかかわらず、 この映画の良さは十分に出ていたと思われました。

主役の男の心模様、移り変わる美しい景色、途中で出会う人たちとの絡み、そして、数々の自転車たち ・・・

 

私は映画評論家ではありませんので、このあとは、そんな人たちにお任せしますが、社会派ともいえるこの映画の、もうひとりの主人公は、 間違いなく「自転車」です。
全上映時間の半分以上が自転車のシーンです。
せりふのほとんど無い人間たちに代わって、自転車たちは、どんな場面でもせりふ付でした。

どんなせりふかは、見てのお楽しみにいたします。

映像の部分でも、十分主役でした。
ツール・ド・フランスもびっくりの映画ならではの場面、CGでなく、次から次へと移り変わる景色には、 自転車乗りにも十分に楽しめるものだと思います。


劇場公開が待たれます。

posted by fiets at 11:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

なんと映画出演

寒い寒い西那須野、西那須野公園からカインズホームの駐車場へとロケ隊は移動しました。

店内での撮影に続き、駐車場で行われた撮影、
助監督の岩崎氏が、

「ひとり、警官役が足らないので、やってみます ?」


はめられたようです。
そんなシナリオになっていたのでしょう、助監督的には。

警官の服装に着替え、ロケ弁を食べました。
ロケバスの中で、出番を待ちます。
変な感じ。

出番の前に、
「ロードレーサーに両立てのスタンドが着かないかなぁ」
なんて、すごい仕事もやりました。

出演の内容は何も言わないことにします。
この映画のクライマックスのような気がしますので、映画を見てのお楽しみということにしましょう。

最後に、高橋忠和監督に記念撮影をお願いしました。

posted by fiets at 02:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

撮影に立ち会う

「日本の自転車泥棒」のロケの第2弾、最終日に、西那須野に行き、撮影に立ち会ってきました。

今回も「再来」の自転車がたくさん使われています。
今日も主演の杉本哲太が、自転車がパンクする場面で、何度も何度も自転車に乗り、演技を繰り返しました。

「パンクをさせる」のは、わたくしの役目。
路面は凍結しているので、完全に空気を抜かずに、微妙なところでバルブを締めました。
急ブレーキをかけ、自転車がスリップしないよう ・ ・
ホントに微妙。

原田知世さんとの電話ボックスでの絡みだけで、何時間もかかりました。
何度も何度も    俳優は辛い。

posted by fiets at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

自転車が帰ってきました

映画「日本の自転車泥棒」の撮影のために貸し出ししていた自転車たちが帰ってきました。

寒い東北ロケでは、雪の中でも大活躍したとのこと。
主演の杉本哲太も過酷な気象条件の中、大熱演の連続だったそうです。

一月には関東部分のロケが始まります。
また何台かの自転車を用意して、「再来」の自転車たちを映画に送り出します。

 

posted by fiets at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

撮影始まる


河北新報掲載

「ジャン 日本の自転車泥棒」の撮影が始まりました。
河北新報と、岩手日報に記事が載りました。

いずれも釜石港での主演の杉本哲太の撮影風景を、報じていました。
18日には、100人のエキストラを使い、ラストシーンを撮ったということです。

これから、遠野や北上市でのロケも予定されているということです。
見に行ってみたいとも思うのですが、時間がありませんね。

残念です。

遠くから見守っていきましょう。

 

         シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

 

posted by fiets at 04:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

再来の自転車が映画に出演(?)

映画の製作に協力することになりました。

「ジャン 日本の自転車泥棒」

杉本哲太主演で、釜石市をスタートに東京まで7日間自転車を乗り継ぎペダルをこぎ続ける ・ ・
こんなストーリーだけれど、元競輪選手の青春ロードムービーになるはずです。


何台も何台も自転車を乗り継いでいくので、12月のロケには8台の自転車を提供しました。
ママちゃり・シティーサイクル・電動自転車と、いろいろです。
1月には、さらに何台か提供する予定です。
提供といっても、本当は有料のレンタルなのですが、スタッフが探しに探した結果、再来に行き着いたということです。

どんな映画になるのか、自転車はちゃんと働いてくれるだろうか、心配でもあり、楽しみでもあります。

posted by fiets at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車泥棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。