神奈川県相模原市の中古自転車店「再来(さいくる)」ホームページ

2005年12月13日

リニューアルです

中古自転車店「再来」から店の話題を中心に書いてきたが、どうしても不満足、書いていて充実感が沸いてこない。

ということで、店から出て、大きく自転車全般のブログにしていきたい。
もちろん、中古自転車店「再来」の話題も引き続き書いていきたいと思っています。

ブログタイトル画像は、再来で自転車を購入してくれた高校生「ほしゐ」 君に書いてもらいました。

 

                シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

暖房は薪ストーブ

寒くなりました。

自転車磨きの工場では、薪ストーブを導入しました。
インターネットで3200円、短い煙突付きで5200円で買いました。

薪は近所の木工屋さんや解体屋さんや引越しやさんの壊した家具と、無料で手に入ります。
むしろ、「頼むから全部持っていってくれないか」と言われるほど。
今は、お風呂屋さんも無くなり、引き取ってくれるところが無く、産業廃棄物として廃棄料にかなりの金額がかかるのだそうだ。

使い勝手といえば、かなり快適 ☆☆☆☆☆ 。
煙突を長くしたので小屋の中がよく温まり、ランニングコストも「ゼロ」で、皆さんにお勧めです。

 

聞くところによると、石油の高騰で、薪ストーブが小さなブームとか。

stove.jpg

              シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 09:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

業務用

会社や店、いわゆる、業務用に購入・使用される自転車もあります。

昨日のこと、
「仕事で使いたいのだが、3台くらい、明日買いに来ます。」

本日、
昨日の一人を含み3人で来店。

相模川のサイクリングロードを自転車に機器を載せて、測量をするそうだ。

「カゴが小さいなぁ」

「かごは大きいのに取り替えることができますよ。」

「あっ、よかった。」


・ ・ ・ 3人相談の上 ・ ・ ・
「明日3台買いに来ます。」

「お待ちしております。」

 

       シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 23:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

 サイクルショー 3

雨が降らないと価値がわからない自転車

自転車かショッピングカートか、JRの判断は?
輪行袋が必要な気がする。
 

ソーラーバッテリーのライト

 

シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  サイクルショー 1

さびしいの一言でした。

来週にも CYCLE MODE international 2005 が幕張メッセで行われるということで、出展企業が分散し、特に、 アメリカのビッグメーカーが不参加。
シマノも「スポーツは来週です。」 とのこと。

おのずと客の入りも散々。

キャラクターものの子供自転車のブースが、やたら目立っていて、おもちゃショーのよう。

量販系のラパーチェやホダカがとても元気に見える。


ミヤタのブースでは、イベントやトークショーをたくさん組んで、がんばっていた。
空き時間に栗村と話ができた。

中川君にとってもらった栗村とのツーショット


陰では、企業の統廃合・業務の縮小・自転車部門からの撤退 ・ ・ ・

ナショナルはどうなるのだろう。

 

posted by fiets at 14:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイクルショー 2

技術の進歩は不便さの克服から生まれてくると言われている。

戦後、日本人の生活様式は格段に進歩した。
トイレで紙を使うようになり、川で洗濯をしなくなり、薪で風呂を沸かさなくなった。
何時でもどこでも電話ができるようになり、自転車に乗りながら電話をかけ、メールをする。

今回のサイクルショーでも、ノーパンクタイヤ・釘が刺さっても空気の抜けない液体注入・雨でもぬれないカバーされた自転車・ がショッピングカートになる折りたたみ自転車・トルクによってシフトする自動変速装置・ 乾電池もいらない発電機もいらないソーラーバッテリーライト ・ ・ ・

BAAという基準ができた。
このマークは、協賛メーカーが各パーツの安全基準を満たした自転車である印(しるし)である。
ライト(前照灯)でいえば、オートライトか手元スイッチつきのライトを装着していることが条件になる。

考えてみよう

オートライトや手元スイッチが無いと安全ではないの ?
パンクしたら修理すればいいのでは ?
ギヤのシフトは、自分の手でやればいいのでは ?

こんなものいらない

私の理想とする自転車は、シンプルな自転車


この中で、どの技術が生き残り、来年のサイクルショーに出品されることやら。
ソーラーバッテリーと無接触発電ライトくらいかな。


自転車の楽しみは、自転車に乗って楽しまなければわからない。
部品は簡単に壊れなければそれで良い。

小手先の技術にこだわってはいけない。

余計なお世話だ。

 

シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 01:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

明日はサイクルショー

サイクルショーに行くことにしました。

今日行った人からは、ちょっと出展企業が少ないとも聞いています。
カメラも持っていきますので、撮ってきます。

 

シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

 

posted by fiets at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

Aさんの記憶

「困った、困った、盗まれた。」


ミヤタの実用車を買っていただいたAさんだった。
とってもあわてた様子。

「うちの庭においておいたのに、大事な自転車を盗まれたよ。
あれが無かったら商売にならないよ。
困った、困った。」

「とにかく、交番に届けてください。
どこかに届いているかもしれないから。」

    ・  ・  ・

交番から電話があった。

「Aさんが来たんだけど、盗まれた自転車の車体番号も登録番号もわからないらしい。お宅で防犯登録の控えを見てくれないかな。」

今、盗難届けの際には、防犯登録の控えを持っていくか、車体番号・防犯登録番号のどちらかをメモしていかなくては、 受け付けてもらえない。
つまり、届けを「受理」してもらえないのだ。


あわて者のAさんは、ただ盗まれたと交番に行ったけれど、色や、形、自転車の特徴を口頭で話したところで、 警察も探しようがないのは理解できる。
ちなみに、個人情報保護法ができたことにより、本人確認ができない場合には、防犯登録の中身を教えることも、 見せることもできなくなりました。
家族だといっても、防犯登録の情報を教えることもできません。
防犯登録の控えは、大事に保管されることを願うばかりです。

店でも、2000枚以上の中から一枚の防犯登録の控えを探すのも大変な労力、Aさんの場合も、昨年に買ったと交番では話したそうですが、 実際には今年の5月29日にご購入でした。


記憶はなくしても、防犯登録の控えはなくすな !


だな

 

posted by fiets at 22:24| Comment(1) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

T君の自転車事故

しばらく店に来ていなかったT君が自転車を持ってやってきた。

「モーターバイクと衝突しました。」

見ると、右手のハンドルが曲がり、ブレーキワイヤーが切れ、ベルの取り付けバンドが切れていました。

「僕が直進で、相手が右折で、避けられなかった。」

怪我もして、相手とは交渉中だという。


「修理の見積書を作ってあげるから、交渉に使えばいいよ。」

修理は預かりとし、代車を出してあげた。

posted by fiets at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

秋の長雨

秋の長雨は、こんな中古自転車屋には大きなダメージを与えている。
当然ながら、自転車を買いに来る人も減るだろうと思われた。

ところが、ありがたいことに販売台数がそんなに減らないのだ。

一方、アルバイトのM君の勤務状況が思わしくない。
雨のために子供さんの運動会が途中で中止になり、延期になり。
子供さんは二人      で、勤務が不連続となる。


結果的に、商品不足となってしまった。


朝から来てくださったお客様には申し訳ないことになった。

「自転車が無いんです。」

 

せっかく来てくださったお客様にお帰りいただくのは、本当に心苦しい。
こんな小さな規模の店には大きなダメージである。


関東に太陽を !
再来に太陽を !



シ。ケ猩ュ 人気自転車ブログ

posted by fiets at 15:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

今、ないねぇ

「出てるだけですか?」

20歳前後の若者、店頭に並んだ自転車を見ながら。

 

「どんなのが欲しいの?」


「青い自転車」

「う〜ん  今、ないねぇ」

「明日ならありますか?」

「明日入るとは言えないねぇ」

「じゃあ、明後日は?」

「 ・ ・ ・     」

 

中古自転車の一番難しいところは、どんな自転車がいつ入ってくるかがわからないところ。
タイミングのいい人は、その人の欲しかった自転車がタイミングよく並んでいたり、また、タイミングの悪い人というか、運の悪い人は、 何度来られても、ちょうど好みの自転車が売れたばかりであったり、本当に難しい。

 

再来では、そんな人のために、好みの自転車をお聞きしておき、入荷次第ご連絡をすることにしている。

 

posted by fiets at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

癒しのひととき

肉体労働者には、体のケアが必要です。

私がよく利用するのは、手あてん と いこいの湯 です。

手あてんには週に一回、いこいの湯の整体サロンには月に2回ほど通っています。


この写真は手あてんの店長です。

手あてんでは、小沢さんの指の強さと、やさしさが私のお気に入りです。
いこいの湯の整体サロンは、指名もでき、私のご指名は、いつも氏永さんです。
的確な診断と、施術が抜群です。

この二人には、転勤があってもストーカーになって付いて行きたいと思っています。


癒しのひとときです。

 

posted by fiets at 12:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ひとり1台

今日の午前中、ご夫婦で下見に来られたとのこと、
店頭の30台あまりの自転車を、1台1台よーく見ておられました。

「午後にまた来ます。」

そして、午後になり

「この子と、この子と、私と、パパのとください。」

「この子供自転車と、この子供自転車と、このママちゃりと、この折りたたみ自転車」

「ママちゃりには、この子の乗れる子供乗せをつけてね。」

「配達してくださいね。」

急に台風が来たような、てんやわんやの忙しさ。
1台一台に、鍵をつけ、防犯登録をし、後ろの子供乗せをつけ、

「ありがとうございました ! 」


もちろん、そのあとは台風一過の爽やかさ、

 

TOTAL ¥25,500 

でした。

posted by fiets at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

アメリカン

座間キャンプは店から見えるところにあります。
直線距離で400mくらい。当然アメリカ人のお客様も多いわけです。

今日はこんなアメリカンガイの、ある事件。

 

先日当店で買ったばかりの自転車を持ってきた。
防犯登録の控えを見せながら、


「空気を入れようとしたら、変なものが抜けてきて、困っちゃったよぅ !」

「ここで買ったのにどうしてくれるのぉ !」

彼はかなり興奮していましたが、


「あなたの国では、バルブは全部アメリカン、つまり、米式バルブ。
日本では英式がほとんどで、米式、仏式はマイナーなのよ。
ネジをはずしてバルブを抜いちゃったら英式は空気が入らないの。
空気はガソリンスタンドで入れないで、自転車店で入れるのよ。」


持っていたバルブをはめ、空気を入れてあげると、


「オー !」

 

シェイクハンドでした。

 

posted by fiets at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

使える自転車がいっぱい

毎週2回、放置自転車の廃棄対象自転車を取りに行きます。

これだけの自転車が毎回廃棄対象となっています。
これをリサイクル自転車として、世の中に還元するのが、私どもの仕事です。トラックに積み込むのも、大変な仕事です。


まだまだ使える自転車がいっぱいあります。

 

posted by fiets at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

自転車のスクラップ

スクラップ1.gifスクラップ2.gif

再来に集まる自転車の多くは国内・海外でリサイクル自転車として生まれ変わります。
事故にあった自転車・塗装がはがれたり錆だらけの自転車など、リサイクルをすることを断念した自転車は、鉄くずとして熔かされます。
これも、大きな意味で「リサイクル」になります。

今日は、そんな自転車たちをトラックに積んで、鉄工所にやってきました。
大きな、トラックごと持ち上げられるような電磁石で、吊り上げられ、四角い穴に入れられ、プレスされます。
何台もの自転車がギュッと押し込められ、四角いブロックになって出てきます。
大きなトラックに積み替えられ、熱を加えられ、溶鉱炉でドロドロに溶かされるのです。

posted by fiets at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

カゴ狩り

カゴ山.gif
今日はカゴ狩りに行きました。
といっても、自転車の廃棄業者や輸出業者の、不用になったカゴをもらいに行くことで、何千という数のカゴの中から、まだ使えるカゴを山に登りながら探すのです。
この作業は、かなり危険が伴います。
カゴの上にカゴが、その上にまたカゴが重なっているわけですから、スカスカの山なのです。
陥没すれば、助け出されるまで、相当時間もかかります。

中古自転車のカゴは、曲がっていたり、穴が開いていたり、錆がひどかったりで、交換するのがかなりあります。
新品のカゴをつけていたのでは、コスト的に合わなくなります。そこでこのカゴ狩りを行うのです。

今日は40〜50個のカゴを収穫しました。



豊漁でした。
posted by fiets at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

二人がバラバラ ?

25日夜、台風11号が関東に接近。
東京駅では新幹線を始め、高速バスも、運行中止が相次いだ。

「秋田に行けるのかな」

 

妻の転院のため、高速バスで羽後本荘に行き、預けてあった乗用車で、東京へとんぼ返りの予定。

運よく高速バスは運行され、予定時刻より早く本荘に着いた。
乗用車を預けた宿の方には、本当にお世話になった。
この日も30km近くはなれた病院までお手伝いに来てくれた。
感謝です。


本荘を発つのが少し遅くなった。

ブログでも応援してきた
バカMVP〜チャリで日本縦断を試みる二人のBlog〜
の、二人組みが秋田を通過するのである。

わたしの感ピュータでは、この時間だと、もしかして通過しているかも ・・・ 


本荘から日本海側を南下した。
山形県との県境あたりの大きな下り坂で、
50km/hを超すようなスピードで疾走する若者が見えた。

彼らかな?
いや、ひとりだ

まさか彼らがバラバラになっているとは夢にも思わぬ私は、不覚にも彼に話しかけるのを避けてしまったのだ。
君、一人だけど、二人だよね?
どんな質問や。

そんなことで、悔しいことに彼らに遭遇しているにもかかわらず、声もかけずに見過ごすことになってしまった。

無事で元気にゴールしてもらいたいものだ。

応援しています。

 

 

posted by fiets at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

重ねてお詫び

「自転車縦断」の記事では、たくさんの方からお叱りを受けました。

私の使っているブログエディターの不具合で、記事のアップ時にエラーが出てしまい、それを解決しようと、 徹夜で取り組んだことが返ってあだになりました。

何度も記事がアップされたようになり、結果的に皆様のブログを汚くしてしまいました。

やさしく「消したよ」という方もありましたが、大半は不快に感じておられ、お叱りを受けました。
「禁止IP」にも登録された方もあり、取り返しのつかないことをしたと反省しております。
お手数ですが、トラックバックの重複は、消去してください。
申し訳ありません。

 

重複記事はともあれ、日本縦断をしている二組のサイクリストに、少しでも励ましのコメントを入れてあげてください。
よろしくお願いいたします。

posted by fiets at 18:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車日本縦断

私自身、2度の日本縦断を決行した。
それは自分の人生にとって大変大きなイベントであり、大きな自信になった。

31年前には15日、14年前の40歳では10日間で走破した。
南の佐多岬と北の宗谷岬、南からと北からとそれぞれ一度ずつ。


今や、小学生が自転車日本縦断をしたりしているけれど、現在、縦断決行中のサイクリストが、わかる範囲で二組あります。
毎日写真入りで旅行記をブログに掲載している。

いろいろなことが旅行中には起きるだろうが、みんなで応援してはどうだろうか。

のりしろ 日本縦断日記
http://blog.livedoor.jp/mittann/

バカMVP〜チャリで日本縦断を試みる二人のBlog〜
http://blog.livedoor.jp/bmvp/

 

頑張れ !



関連のないブログ記事にトラックバックして申し訳ありません。

また、当方のミスで、 重複して送信してしまったことをお詫びいたします。
不快に感じられた方が多数おられることと思います。
申し訳ございません。


 

posted by fiets at 03:22| Comment(4) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。