神奈川県相模原市の中古自転車店「再来(さいくる)」ホームページ

2007年06月26日

こんなもの

この気持ちの悪い液体、わかりますか。

自転車の「パンク防止剤」です。
某A店では、半ば当然のように、半強制的に入れています。
もちろん有料で。
その店で、訳があって自転車を購入したので自分で体験しました。
また、現在当店では元某A店店員もいるので、どのように指導されていたかを聞いています。

パンク修理のお客様はたくさん来られますが、時々写真のようなことになります。
修理をしようとチューブにやすりを掛け、ゴムのりを塗り、パッチを貼ろうとしても、下からこの気持ちの悪い液体がわいてきて、 うまく接着してくれません。
すっかり液体を搾り出せば修理が可能かとは思いますが、手にべたべた付いていやですね。

実験ではちゃんと結果が出ているのでしょうか。
現場では大変迷惑しています。

何よりも、お客様に迷惑です。


こんなものいらない。

 

posted by fiets at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | こんなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい画像ですね。
パンク防止剤とは、驚きました。

私の主人は、ロードレース用の
チャリで、毎日通勤しているため、
時々パンクして帰ってきます。
そんな彼が外で修理中、たまに、
「うああぁっ」
「ベトベトする〜」と叫んでたりしますが、
・・・原因はこれなのかな(笑)。


面白かったです。
また遊びにきますね〜。

Posted by yamahana at 2007年07月11日 12:59
パンク防止剤は小径車だと駐輪中に片方によってしまい、
それから乗るとパンクすることがありますよ。
私のときはパンクどころか、タイヤがいがんで破けてしまいました。
Posted by tenru at 2007年07月21日 00:44
はじめまして。
自分は先日、某A店で自転車を購入しましたが、『フレームにキズがあるのでパンク防止剤をサービスで入れておきます』と言われたので、お断りして、鍵をサービスしてもらいました。まあ、その後もパンク防止剤をやたらすすめてきたのですが断りました。


実際のところ、効果あるんですかね〜。
Posted by dameyaku at 2007年09月29日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45913003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。