神奈川県相模原市の中古自転車店「再来(さいくる)」ホームページ

2005年09月30日

ひとり1台

今日の午前中、ご夫婦で下見に来られたとのこと、
店頭の30台あまりの自転車を、1台1台よーく見ておられました。

「午後にまた来ます。」

そして、午後になり

「この子と、この子と、私と、パパのとください。」

「この子供自転車と、この子供自転車と、このママちゃりと、この折りたたみ自転車」

「ママちゃりには、この子の乗れる子供乗せをつけてね。」

「配達してくださいね。」

急に台風が来たような、てんやわんやの忙しさ。
1台一台に、鍵をつけ、防犯登録をし、後ろの子供乗せをつけ、

「ありがとうございました ! 」


もちろん、そのあとは台風一過の爽やかさ、

 

TOTAL ¥25,500 

でした。

posted by fiets at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

アメリカン

座間キャンプは店から見えるところにあります。
直線距離で400mくらい。当然アメリカ人のお客様も多いわけです。

今日はこんなアメリカンガイの、ある事件。

 

先日当店で買ったばかりの自転車を持ってきた。
防犯登録の控えを見せながら、


「空気を入れようとしたら、変なものが抜けてきて、困っちゃったよぅ !」

「ここで買ったのにどうしてくれるのぉ !」

彼はかなり興奮していましたが、


「あなたの国では、バルブは全部アメリカン、つまり、米式バルブ。
日本では英式がほとんどで、米式、仏式はマイナーなのよ。
ネジをはずしてバルブを抜いちゃったら英式は空気が入らないの。
空気はガソリンスタンドで入れないで、自転車店で入れるのよ。」


持っていたバルブをはめ、空気を入れてあげると、


「オー !」

 

シェイクハンドでした。

 

posted by fiets at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

使える自転車がいっぱい

毎週2回、放置自転車の廃棄対象自転車を取りに行きます。

これだけの自転車が毎回廃棄対象となっています。
これをリサイクル自転車として、世の中に還元するのが、私どもの仕事です。トラックに積み込むのも、大変な仕事です。


まだまだ使える自転車がいっぱいあります。

 

posted by fiets at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

自転車のスクラップ

スクラップ1.gifスクラップ2.gif

再来に集まる自転車の多くは国内・海外でリサイクル自転車として生まれ変わります。
事故にあった自転車・塗装がはがれたり錆だらけの自転車など、リサイクルをすることを断念した自転車は、鉄くずとして熔かされます。
これも、大きな意味で「リサイクル」になります。

今日は、そんな自転車たちをトラックに積んで、鉄工所にやってきました。
大きな、トラックごと持ち上げられるような電磁石で、吊り上げられ、四角い穴に入れられ、プレスされます。
何台もの自転車がギュッと押し込められ、四角いブロックになって出てきます。
大きなトラックに積み替えられ、熱を加えられ、溶鉱炉でドロドロに溶かされるのです。

posted by fiets at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

カゴ狩り

カゴ山.gif
今日はカゴ狩りに行きました。
といっても、自転車の廃棄業者や輸出業者の、不用になったカゴをもらいに行くことで、何千という数のカゴの中から、まだ使えるカゴを山に登りながら探すのです。
この作業は、かなり危険が伴います。
カゴの上にカゴが、その上にまたカゴが重なっているわけですから、スカスカの山なのです。
陥没すれば、助け出されるまで、相当時間もかかります。

中古自転車のカゴは、曲がっていたり、穴が開いていたり、錆がひどかったりで、交換するのがかなりあります。
新品のカゴをつけていたのでは、コスト的に合わなくなります。そこでこのカゴ狩りを行うのです。

今日は40〜50個のカゴを収穫しました。



豊漁でした。
posted by fiets at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。