神奈川県相模原市の中古自転車店「再来(さいくる)」ホームページ

2005年02月28日

日ごろの点検

病気でも、予防が一番大事です。
自転車に乗る上でも、壊れる前にその予兆がわかれば、修理をしなくても済んだり、修理をするにも、代金がうんと安くて済むものです。
簡単な点検でほとんどの具合の悪い箇所がわかります。
では、やってみましょう。

1.まずは外観
  目で見て壊れているところや、具合の悪いところを見つけます。
  かごは曲がっていたり、底が抜けていませんか? 
  ハンドルは曲がってませんか?
  サドルは曲がっていたり、穴が開いていたりしませんか?
  そのほか、目につくところはありませんか?

2.自転車を約10cmほど持ち上げて、手を離します。
  ガタガタ、カタカタ、バタバタ、ガチャガチャ、カクカクなどの音を聞きます。
  緩んでいたり、外れていたり、伸びていたり、割れていたり、・・・
  その音がするところを探します。

3.スタンドを立てて後輪を、ハンドルを持ち上げて前輪を回します。
  ペダルも回してみましょう。
  ホイールでは、左右に触れていたり、タイヤの一部だけが膨らんでいたり、
     軸ががたがたしたりしていませんか?
  ペダルはスムーズに回りますか?
  一部回りが悪かったり、空回りしたり、軸にガタがあったりしていませんか?

4.ブレーキレバーを握ってみましょう
  引きが重かったり、ハンドルに付きそうになるまで引かないとブレーキが
      かからなかったり、 前輪のブレーキの片方が常にリムに引っ付いていたり
      していませんか?

簡単でしょ。このくらいでほとんどの修理・調整箇所がわかります。
やってみてください。

posted by fiets at 23:18| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 修理HOWTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

修理のはずが

「相談がありますが」

マウンテンバイクから降りた一人の男性。
「いろいろ悪いところがあって、修理するといくらくらいになるだろうか?」

「いろいろですか、点検しましょう」

わたくしは自転車を受け取り、点検を始めた。
その間、男性は表のマウンテンバイクが気になるようで、いくつかの自転車に乗り始めた。

「修理代いくらくらいになりますか?」
5分も経たないのに、また聞いてきた。

「タイヤは擦り切れていますし、クランクにもガタがあります、 ブレーキワイヤーも錆びて動きが悪いですし ・・・ 」
と、言い終わらないうちに、

「この自転車を買うことにする」


男性の乗ってきたマウンテンバイクは、ミヤタのマウンテンバイクに買い換えられ、 部品取りの自転車になりました。

            ランキング確認

posted by fiets at 23:17| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

マンションの放置自転車

マンションの管理会社と契約している。
引越しによって年に何十台という自転車が一棟から放置自転車という形で廃棄される。
管理会社は警察で、盗難自転車かどうかの確認の後、撤去を依頼してくる。

本日は19台が一棟のマンションから出た。
昨夜来の雪が積もっていて冷たい作業だったが、小型トラックで2回で搬出した。

運んできた自転車は、三種類に分別される。
1.再生して中古自転車として販売できるもの、
2.国内販売はできないが、海外に販売できるもの、
3.壊れていたり、錆がひどいものは、鉄くずとして廃棄する。

スクーターも1台あった。
これは専門外なので、知り合いの自転車屋に部品取りとして提供した。

これからは、引越しシーズンを迎える。
このような自転車が、日本国内にはどれだけあるだろうか。
ただ廃棄されるのだけは避けたいものだ。

微力

                           ランキング確認

posted by fiets at 22:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

困ってしまった自転車屋さん

「自転車を分けてくれませんか?」
ある自転車屋さんから電話があった。

横浜市では2003年8月より、放置自転車の買取入札制度が始まった。
私も参加した。
入札開始価格は1台1000円から。
最初は1000円台であった落札価格も、どんどんエスカレートし、ついには3000円を超す始末。
とても採算に合わず、わたくしはやむなく半年あまりで退散した。

入札参加者には、いろいろな参加条件をクリヤーしなければならず、 ほとんどが横浜市自転車商の組合員、つまり、地区割りされた代表者が参加する。
代表者は落札すると、台数を頭割りし、各自転車屋さんに配る。
ところが、高値で落札されると、小売価格も高くせねばならず、当然売れ残る。
毎月売れ残りが出て、自転車があふれてきたので、電話の自転車屋さんは、とうとう参加できなくなったということらしい。
高い自転車を一ヶ月に10台も割り当てられるよりも、「再来」で3台ずつでも安く買いたいとの趣旨であった。

「結構ですよ。何台でもお分けします。」

入札制度は、公平のようだが、このような弊害を含んでいる。
2年経過した時点での見直しの時期が近づいた。
妙案を思案中である。

             ランキング確認

posted by fiets at 22:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

本末転倒

お昼ころ
若い男の人

「自転車引き取りできますか? 2台あるのですが」

「お買い求めのときは、無料でお引取りしていますが、お引取りだけですと、 一台あたり200円いただいています。」

少し考えている様子。
「400円か。 じゃあ、1台買いますので、2台引き取ってもらえますか?」

「1台お買い求めで1台のお引取りにしていますが、お困りでしょうから、いいですよ」


夕方
お母さんと自転車を2台持って来た。

その2台を引き取り、1台ご購入された。


なんだか、いらない自転車を処分するために、1台自転車を買ったって感じ。
押し売りしたわけではないし、ま、いいか。

 

               

posted by fiets at 23:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

後ろ泥除けは長いほうがよい

電話が鳴った。

「何時までやってますか?」
「6時くらいまでです」

「ぎりぎりなんですが、・・  だめかなぁ」
と、ちょっと悲しそうな声。

「いいですよ。来られるまで待ってます」

こんなときは、大体30分くらいは遅れるのが普通。
果たして、25分遅れでご到着。

「通勤に自転車を使おうと思ってきました」
「カゴと泥除けのついたマウンテンバイクが欲しいです」

「短い後ろ泥除けは、あまり役に立ちませんよ」
「これなら理想にぴったりですが、試乗してください」

試乗の後、
「これにします」

「7000円と防犯登録料で、7500円になります」

「おとといこちらでマウンテンバイクを買った人からの紹介です」
「そのマウンテンバイクを見て、私も欲しくなったんです」
「伊勢原から着ました」


遠くから来られた様子、待ってあげてよかった。

posted by fiets at 23:52| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

ライトは足でつけてはいけない

電話が鳴った。

「 もしもし、再来さんですか? 」
「 はい、再来です 」

「 自転車を買いたいのですが、今乗っている自転車いらないんですが ・ ・ 」
「 ご不要でしたら、お引取りいたします」

「 費用は? 」
「 お買い求めの場合は、無料でお引取りいたします。ご安心ください。」

やがて、その方はご来店、一台お買い求めくださった。
そして、持ってこられた自転車を指して、

「 この自転車なんです。 」
「 はい、確かにお引取りいたします 」

お客様がお帰りの後、自転車を見ると、まだ、新しい。
前輪のスポークが2本折れている。
ライトを足で操作したに違いない。
スポークを取り替えて、きれいに磨けば、はい、リサイクル。

ライトは、手で操作しましょう。
足を怪我したり、ふらついたり、自転車も壊れます。

ランキング確認
posted by fiets at 23:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

キャンセル

電話があったのは今年の初め、一月の初めだった。

「体が小さいから、20インチの自転車が欲しい。」

大人用の20インチは店頭にはなかったので、注文になった。
そして、1週間くらいかかって入荷した。

「入荷しましたので、お越しください」

「行く前に電話をしてから行きます」

何日か後、電話があり、来店された。

「支払いはしていきますので、後日電話の後、配達してください」

「いつ配達いたしましょう。お名前、ご住所、電話番号をお聞きしておきます」

「電話で言いますから、今は言いません」

「こちらも、何も伺わないで、お金を受け取るわけには行きません」


そんな話が30分以上続いた。
うんざりだ。

最初に電話があって1ヵ月半、電話が来た。

「キャンセルします」

キャンセル料として1000円いただいた。
1ヶ月以上毎日毎日自転車を出し入れし、傷がつかぬよう、何時来られてもお渡しできるよう気遣い、 何度も欲しいというお客様に断ってきたのだ。
どのような事情があってキャンセルされたのかはわからない。
全額返せといわれたが、1000円は返さなかった。

 

開店以来始めてキャンセルが出た。

疲れた。p>

posted by fiets at 00:26| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

パンクしたら自転車に乗らない

もう閉めようかな・・
外は真っ暗、閉店間近でした。

「パンクしました」
学生が立っていた。

「待ってるね。15分くらいかかるよ」
「お願いします」

まず、タイヤの外側を見て・・と

「押しピンが刺さってるよ」

「 ・・・ 」

「もしかしたら、たくさん開いちゃったかもよ」

おとなしいのか、無口なのか、びっくりして声も出ないのか・・・
静かな夜だ。

案の定、たくさん開いていそう。

「押しピンが刺さったままパンクすると、チューブが固定されているためにタイヤだけが
動くので、押しピンが移動しながらチューブに次々と穴を開けてしまうんだ。」

「でも、君の場合は、押してきたから3箇所ですんだよ」

「よかった」

やっと口を開いてくれた。

彼の場合は、自転車を降りて押してきたからパンクだけで済みました。
自転車屋は、自転車を見ただけで、乗り手がどんな乗り方をしているかわかります。
普段から自転車を大事にしているか、乱暴に扱っているか、わかってしまいます。

”パンクしたら、自転車に乗らない。”


常識だ
posted by fiets at 10:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

薔薇の棘(バラのとげ)

「パンクしました」
高校生がやってきた。

「どれくらいかかりますか?」

「時間は15分〜20分。修理代は、見てみないとわからないよ」


パンクの原因はいろいろあるが、今日のは中でも珍しい方。

「バラのとけが刺さっていたよ」

「えっ・・」

「一年に三人くらいあるんだよ。
 近くにバラの垣根があったり、バラの剪定をされた後などは、要注意だね。
 バラのとげの先端は、とても尖っていて、枝についてた部分が平らなので、
 富士山のような形で、落ちてることがあって、タイヤに刺さってしまうんだ。」

「運が悪いのか」

「バラの垣根の近くを通らないか、あまり道路の端を走らないことくらいかな。」

「800円です。」

「ありがとうございました。」


 

posted by fiets at 02:03| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

34年ぶりに自転車を買い換えたお客様

「これくれる」

「Jaguarですか?」

「そろそろガタが来たから買い換えようと思ってね」


開店して約一年、この方が一番だ。
34年物で現役。63歳とおっしゃるから、20代での購入ということになる。
何度も塗り替えたであろう真っ黒なフレーム、取り替えたであろうフラットハンドル、
そのころ最新式であったろうサンツアーの外装5段ギヤ、もちろんフリクション、
1 3/4の太いタイヤ、何度タイヤ交換したことか。

メーカーもわからない。
真っ黒のペンキで塗られたフレーム。
23.5インチの34年前に購入された自転車。

「これで三浦半島の三崎まで行ったこともあるよ」

6000円のJaguarのシティーサイクルに、前かごを取り付け、防犯登録をし、
チェーン錠を購入され、合計7100円。

さて、Jaguarはこの先何年がんばってくれるでしょうか。

posted by fiets at 03:53| ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

世も末 (よもすえ)

女子高校生の二人連れ

「自転車欲しいのですが」
一人の子が言った。

「こんなのどうですか?」
「うん、これでいい」

簡単に購入自転車が決まり、防犯登録のシールも貼り、
ふと、一緒に来ていた連れの子の自転車に目が行った。

「いい自転車に乗ってるね」
ミヤタのアルミの三段ギヤの自転車だった。

「うち、自転車屋やってるの。だけど、ここのほうが安いからこの子を連れてきたの」

自分のうちが自転車屋なのに、よその自転車屋を紹介したという。
何をか言わんやである。

どこの自転車屋も、経済的に大変だと思う。
その親を見て育った子供たちは、家業を継ごうとは思わない。
当然だと思う。
しかし、その親をこんな形で裏切っているとは、親は夢にも思わないと思う。
これが現実、世も末である。

考えさせられた。

posted by fiets at 02:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

自転車の簡単な手入れ方法(3)

3. 磨きと錆取り


見た目も楽しく乗るには大切です。

まず、かわいた布で表面の汚れを払いましょう。汚れの強いところは、暮らしの洗剤を10倍くらいに薄めてスプレーし、
ふき取ります。水で洗う必要はありません。
次に、薄い傷があれば、コンパウンドを布につけてこすればきれいに修復できます。
コンパウンドはホームセンターや自動車部品センターに売っています。
車用のちょっと荒めのものがよいでしょう。もっと大事にしたい人は、ワックスをかけましょう。
見た目も美しくなりますし、塗装の表面を保護し、美しさを維持できます。これも上記や、自転車店にも売っています。
錆取りは、ちょっと手間がかかりますが、一番いいのは、液体の錆取り剤を使うことです。
布につけてこするか、古くなった歯ブラシにつけてこすれば、錆も取れてピカピカです。
これも同じところに売っています。

以上、誰にでもできる自転車の手入れでした。
整備、調整のメカニックについては、またの機会にいたしますが、こんな簡単な手入れで、
自転車は見た目も美しくなり、気持ちよく、楽しく走れるようになります。
自転車を長く大事に乗っていただくためにも、ぜひ心がけてほしいものです。

posted by fiets at 09:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 修理HOWTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

自転車の簡単な手入れ方法(2)

2. 油さし

自転車は機械ですので油さしは絶対に必要です。

油の種類も大事です。スプレー缶の揮発性の強い油や、逆に粘性の強いグリス、植物油 はやめてください。自転車油かミシン油が適当です。
油をさす場所は、チェーンとブレーキワイヤーだけにしてください。
チェーンは、ペダルを逆回しにしながら全体に行き渡るように油をさし、乾いた布で表面の余分な油をふき取ります。
これを怠ると、ほこりがチェーンにつき、かえってスムーズに回らなくなります。
前後輪の軸、ペダルの軸、ブレーキ、車輪のリムには決して油はささないでください。
回転部分には、グリスが入っていますので、自転車油がそれを溶かして外へ出してしまうことがあるからです。

posted by fiets at 22:53| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 修理HOWTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

自転車の簡単な手入れ方法

今日から3日間、 ちょっと趣きを変えて自転車の簡単な手入れ方法について書いてみたいと思います。

日本では、自転車の高級品、耐久消費財としての認識が薄くなり、
いまや、使い捨て商品として考えられるようになりつつあります。
しかし、機械としての自転車の完成度は、とっても高く、
日本の自転車は、世界のどの国の自転車よりもよく作られています。
簡単に手入れをすれば、10年以上は立派に働いてくれる、優れものなのです。

1.空気入れ
一番頻繁に手入れ-がを必要なことは、空気圧を、できるだけ高く適正に維持することです。
月に1〜2度は空気を入れましょう。パンクの一番の原因は、空気が甘いことなのです。
空気が甘いと、路面との設置面積が広くなり、釘やガラスを拾ってしまう確率は高まり、
段差での衝撃に耐え切れなく、パンクしてしまいます。また、何よりも、タイヤの減りが早くなり、
タイヤの交換という、高額の修理費もかかってしまいます。
また、バルブには、虫ゴムという空気弁があり、一年もたつと駄目になります。
一週間くらいで空気が抜けるようなときは、ほとんどがこの原因です。
自転車屋さんに行けば売っていますので、自分で取り替えるか、自転車屋さんに取り替えてもらいましょう。


あと二回、面白くなかったら途中でやめます。
よろしく。

posted by fiets at 23:15| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 修理HOWTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

もうすぐ一周年

今月末で12ヶ月、つまり、「再来」開店一周年を迎えます。

中古自転車を作り始めて約5年、こんなに作り続けた年はありませんでした。
作りに作って、約4000台。
売りに売って約2500台。
何とか生活できたけど、預貯金はゼロ。

これが自転車屋なんでしょうね。
自転車操業とはよく言ったものです。

体はボロボロです。
今日も、マッサージに
手あてんに行き、店に行きました。
首と肩と腰がだめです。

といってもありがたいことに、正月と台風と嵐を除いて、年中無休。
開店した日で、一台も売れなかった日は一日もありませんでした。

新車を売っていたときは、この季節、ゼロの行進です。
月に10台くらいのこともありました。

一年間に25000台の放置自転車を買っていますが、
一台20kgとして500000kg(500t)、の自転車が捨てられることを防ぐことができました。
体が続く限りがんばるしかありませんね。
使命だと思っています。

 

posted by fiets at 23:05| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

ブログランキングに参加した

人気blogランキングに参加した。

いきなり「自転車・サイクリング」部門で97位にランキングされたが、 どういう計算なんだろう。


今日は、八月に当店で購入された奥様が、買い替えに来られた。
「この自転車、なんか斜めに走っているみたいに感じるから、買い換えたいわ」と、おっしゃる。
「どれ、わたくしが乗ってみましょう」

「まっすぐ走りますよ。」
「主人もそういうのよ」

「これください」
「試乗してからにしましょう」

ちょっとせっかちな性格であられる。
試乗を終え、自転車が決まった。

厳密にはリピーターではないけれど、とにかく、またご来店され、 ご購入なされたことは間違いない。
毎日使う自転車、当店では必ず試乗していただいてからのご購入にしていただいている。

 

 

posted by fiets at 23:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

サイクル野郎

「サイクル野郎」という漫画は知っていますか?

昭和40〜50年代でしょうか、 少年キングに連載された丸井輪太郎少年の日本全国自転車旅行記です。
荘司としおさんの作品で、この一月、オンデマンド版で再発売されました。

サイクル野郎 (1) オンデマンド版 [コミック]

   当時はわたくし、陸上競技で必死でしたので、読者ではありませんでしたが、
   ちょっと読んでみようかな、と、思っています。
   全37巻です。

   ちなみに、わたくし、なぜかオリジナルの第1巻を持っています。

   

        ミラーサイトのおすすめの本をクリックすると購入できます。
   いい時代になりました。

posted by fiets at 23:23| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

いい事は続くもの

夜中に電話があった。

5年位前まで、わたくしの店で働いてくれていたG(じい)君からである。
15年くらい前、店が全くやっていくことができなくなり、やむなく閉店した。
昨年、今の店を開店し、彼に復帰のラブコールを送っていたところ。

やっと返事が返ってきた。

「今のアルバイトのやめる目途がついたので、働きたい。」

ツールド北海道に、大塚製薬の監督として参加したとき、 彼にメカニックをやってもらった。
仕事も速いし、腕も確か。

人が集まり始めた。


いよいよ動くときが来たのかもしれない。

 

posted by fiets at 23:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古自転車店「再来」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。